2012年09月13日

『とある録音』

先日、声優の知人から急に電話がかかってきて


「やまさん、いまからいっていい?」

「ん、急にどうした?」

「ちょっと急な話で声を録らなきゃならないんだが今日の3時までに用意しないといけないんだ!」





そんなん知らんがな…



とまぁ、普通にそんな風に思ったけども、無下にも出来ないんでしぶしぶ承諾、急な依頼って言うのもあって、準備に手間取る始末…


「じゃーはじめるよー」





「いやぁー助かったよー。ところでさ、大体いっつもいくらぐらいで依頼受けてんの?」


「あんた、そんなのしってるじゃん」


「いやぁ知り合いがさ、曲のミックス頼みたいんだけど大体いくらくらいなのかなぁっていっててさ、やまさん紹介したんだけど、金額って明示してないじゃん?頼みづらいらしい」



なるほど…



まぁミックス専門でやってる訳じゃないし、それ込みの契約はそっちに金額がもうでてるから、あんまり気にしたことなかったけども、ちゃんとしなきゃな。



てなわけで、感謝に堪えないいつも依頼して下さってる方々の例を抜粋して、ある程度詳しくまとめてみました。


http://warpandleap.seesaa.net/article/265109875.html?1347471233
(左のMix依頼の項目からもいけます)



アコースティックものの少数編成で何万もとるのはぼっただし、かといって、馬鹿みたいにたくさんのトラックを明日までにしろとか言われても、帳尻が合わないので、いっつもこんな感じでやってる。



大体、2〜30000円くらいです。



知り合いのエンジニアさんが、金のないV系バンドのミックスを個人でやってあげるとき、大体3万くらいかなとかいってたんだけど、それ以上とる訳にはいかないなと。



で、だいたいフルオーケストラや最近話題のアイドルみたいなことにならない限り、トラック数もそんなに大差ないので、その辺で落ちついてる。



ところで、いったい一曲にどれくらいのトラック数がかかるのか。



もちろん曲によるよね。ロックものの場合はドラムのマイクが多いから一番かさむかなぁ。スネア、キック、ハイハット、タム×3、オーバーヘッド、ルームマイク、アンビエンスマイクで、だいたい10トラック弱くらい?それにギターがダブルで2本とソロ一本、ベース1本に、声がメインボーカルとハモリをダブルで合計16トラックは最低いくかな。



でも、ここから、さらに装飾的な音や遊び、SEやらなんやらで、まぁ25トラックくらいなんじゃない?



たまにギターはマイクを沢山立ててるので、右左合わせて6本とかもあるし、まぁ限度はあるけど、多少増減はするかな。


しかし、ひとしずくのトラック数はなんか多い。とりあえず、SEがかなり多いので大変だったりする。SE系はそのまま乗せても音がリアル過ぎてうまく混ざらない場合が多いんだけども、それが同時に3つも4つもなったりすることあるからね。


Bad∞End∞Nightのときはどうだったか。なにせ8人のボーカロイドにその人数分だけのはもり、ブラスセクション…だいたい65トラック前後だったかな?でも、まぁそんなもんだよね。大変だったけど。



ボーカルの人数が多い、完全に生で録音して立てたマイクが多い、クラシックのフルオーケストラ、そんな場合を除いて。バランスのいいアレンジってなると、だいたい30〜40トラック+αってところじゃないかな?



みんなはどうだい?end







posted by やま△(やまさんかっけー) at 03:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月30日

『近況-2012.8.30』

相変わらずの更新ペース、乙 orz


誰がなんと言おうと、このブログはちゃんと続けますからね! (#゚Д゚)凸


まぁあれだ、最近はさ、ツイッターが便利過ぎて、そっちで済ませたり、ニコ動関係はコミュの掲示板辺りを利用したりでなかなか当ブログの方まで手が回らないんだよね。本当に地道に続けられる人はすごいと思う ゚(¨)(. .)(¨)(. .)


まぁもう古い情報なんかはその辺チェックしてくれればいいかなと思う。


やま△のニコ生部屋:http://com.nicovideo.jp/community/co536592



遂に発売!PSP『Custom Drive』





やっと発売までこぎつけました。正直この話をもらって作業してる最中はかなりヘビーでした。そんな中作詞をひとしずくPさん、OPをHeavenzPさん、そして、EDをワタシが担当し、EDのミックスはハイリスク×ロリータのTom氏にお願いし、図らずとも異種格闘技のような妙なコラボレーションとなってしまった次第です。もちろん、いい意味で☆

ひとしずくP:
まぁいまさらですが、なんか歌詞もやらなきゃいけないような状態になった時に、やっぱりそれを専門でやってる人の方が絶対いいものが出来ると思い、無理を承知でお願いし、手伝ってくれたのですが、彼女は細谷佳正さんのファンなのでまんざらでもないご様子でした。

HeavenzP:
もともと、「小室哲哉 meets VOCALOID」で知り合ったのですが、小室さんとの番組収録の時に、席がとなりでちょっとやってみない?みたいなこといったら快く引き受けてくれたのが経緯。さすがといえばさすがだが、予想以上の成果をあげてくれて、本当にお願いしてよかったです。

Tom氏:
声優関係のお仕事でいつも使わせて頂いてるレコーディングスタジオのエンジニアさん兼ボカロPの方なんですが、彼が担当の部屋が、私がすごく気に入っており、そこで録らせて欲しいとお願いして、んでどうせならとミックスもお願いしたんですが、かの有名なぽこたさんや他の方のミックスで忙しい中、それでも快く引き受けて下さって、とても感謝しています。


まぁボーカロイドとはまた違った話ですが、もしお手に取って頂ける機会があれば、是非そのコラボレーションを堪能していただければこれ幸いかと思います。


Finalizer96


さて、恒例の機材の話。



前回電源トランスの導入を紹介しました。それでノイズが軽減されパァーッと晴れた感じになったのは言うまでもありません。ただ、うちのインターフェースちゃん、さすがにハイエンドとは呼べない中堅クラスの機材なので、アナログイン、アウトで使用するのにちょっと飽きてきた感があります。


いろいろ相談して、現在うちの上司にお借りしている『Finalizer96』という機材が今大活躍してくれています。この機材はもともとマスタリング用で種類としてはマルチバンドコンプに当たるのですが、昔はこれ一台でマスタリングができたくらいの優れものだったみたいです。今はもう様々なメーカーからアポジーだったり、いろんな機材が出てて、ちょっと古いのでもう見慣れなくなりましたが、それでもさすがはといった感じです。もちろんマスタリングでも使いますが、ここではこんな使用法を紹介したいと思います。



メーカーサイト:http://tcgroup-japan.com/TCE/Studio/Finalizer96K/index.html



ぶっちゃけ、完全にAD/DAコンバータ代わりに使ってます。003のアナログアウトはまぁそれはそれでいいんですが、ちょっと物足りないのと、その上で、折角電源トランスを導入したのに、一回DAWの音源を外に出す時、音が劣化しちゃうのがどうももったいないなぁっておもってたので、S/PIDIFを使い、デジタルで出しアナログプロセッサーに通し、そしてデジタルで戻す、と言った感じで極力作った時のまんまでって感じで使用してます。S/PIDIFはデジタル処理なので、ノイズの影響を受けにくいので、トランスで電源周りの強化をしつつ、さらに綺麗に処理できます。具体的には

003(デジタルアウト)→Finalizer96(デジタルイン)→外部インサート(SSL MYNX XR418)→Finalizer96(デジタルアウト)→003(デジタルイン)


という経緯を辿ってます。


96のいいところは、外部インサートを搭載しており、手持ちのアナログ機材を無駄にしない、自在に組み合わせるというところにあります。また内部プロセッサーにDRGTMという音質補正系のプロセッサーがあり、これは真空管のような2次倍音を加え、暖かみを付加する効果があるのですが、これを使用することでよりウォームなサウンドにしつつ、DAWに戻し、そこにVintageWarmer2を掛録りで音圧を稼ぎつつ、VCCでSSLやNEVEのコンソールの味を足しながらミックスするって感じです。


結果、どうなったかというと、さらにノイズの幕がとれてはれやかになったといいますか…ヴォーカルの抜けをよくするためにEQとか使ってたのが、頻度が下がりましたね。なので、位相のずれが軽減し、あまり過度な処理をしなくても各トラックがはっきり聞こえるようになりました。


これ、さすがに昔マスタリングツールとして使われてたので、若干高いのですが、最近はFinalizer Expressというのがあり、半額くらいで買えるようになりました。最近はDAW内部でマキシマイズされ完結することもおおくなりましたし、96にはリミッターやその他の機能もついてるのですが、コンバータや最低限の機能だけに留めておいて、手に取りやすいようにしたってことですかね。


ここまでくれば後はマイクプリだけですかねぇ。検討してるのはSSLのアルファチャンネル、チャンネルストリップなんで、モノだから、2台購入しなければならないのだけども、それでもあのSSLがこの価格でってなると、お得かなと思います。


まぁ大分先の話ですがね。


今日はこの辺で。


ではでは☆end
posted by やま△(やまさんかっけー) at 17:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月27日

『近況-2012.6.27』

相変わらずの更新ペース、乙orz


まぁ元気でやっとりますがね。


みんなはどうだい?


そんなことより、恒例の近況報告。


12人の人気クリエイターとVOCALOID“IA”との豪華コラボレーション!!



Teamエンターテイメント様より出される、IA THE WORLD 〜光〜という、コンピレーションアルバムにひとしずくPと一緒に参加させて頂きました。そうそうたるメンツで穴があったら入りたい気持ちですが…


ひさしぶりのバラードのような気がする。ストリングスとかをアレンジしたのも久々なような…


ガッツリギターも弾いてるしね。


良かったら聞いてね☆


電源トランス導入

プロケーブルというところから出てる、 ダウン&アイソレーショントランスというものを導入したんだけど、これがなかなかいい。仕事で一緒になったエンジニアさんがあまりにも気に入って勢い余って2台かったらしく、勧めてくれたんだけど、買ってよかったと思う。


IMG_0352.jpg



http://procable.jp/trans.html


ノイズが減少して、もやがかった風景がぱーっと晴れた感じ?


いろいろハイエンドなアナログ機器や、デジタル機器があると思う。音質の向上の為にそれらを揃えることは重要なことだと思う。しかし、例えばコンプなんかは、全ての音に対して汎用性がある訳ではなく、これにはすっごくいいけど、こっちは違うコンプの方がいいとか、多岐にわたってるよね。それらをすべて揃えるのはかなり至難ですわな。まぁプラグインで頑張るしかない。


大事なのは電源まわりとインターフェース、とくにAD/DAコンバータとかだよね。でも後者は、やっぱり高いんだよね。でもそれくらいの奴じゃないと意味がない。


どんな環境にも幅広く好結果をもたらしてくれて、さらにリーズナブルっていうんなら、こいつがお勧めだと思う。一つ一つがちょっとづつ底上げされる感じ?


一つの機材だけが突出していいのにしても、あまりいい結果が得られないからね。


全体をまんべんなくレベルアップさせる為にもこういうのは必要だと思った。



話は変わるけど、



なぜか、使おうと思ってたコンセントのアースが死んでて…業者を呼ぶのも面倒で、急遽アースを自分でひくことにした。



アース棒とアース線を買ってきてね、棒は外の地面に埋めるんだよね。とんかちでがんがん打ち込んで。



で、本体のアース端子にくっつけて、みたいな感じ?

IMG_0357.jpg


IMG_0358.jpg




これやらないと、折角のノイズ削減効果が得られないからね。



問題はまだいくつかあるんだけど、どうしようもないのは熱だね。トランスっていうのは、電気を引き受けて、ノイズなんかを綺麗にして出すイメージで、供給してくれるんだけど、そのすてるはずのノイズはどこに行くかというと、熱として放出して捨てるイメージ。だから、これは働けば働くほど熱くなるので、しかたない。夏はクーラー必至、冬は暖かくなると割り切ろう。


もういっこ


よく使われるコンセントのプラグってメッキじゃない?銀色の奴。腐食しにくいっていう理由もあると思うけど、もう一点やっかいな特徴があってね。


家庭用コンセントはノイズがのってるから(それを減らす為に200V化するっていうのは、ミュージシャンの間では常識なんだろうけど、家庭の事情で出来ない人もいるもんね、てかうちがそうw)、そのせいで、高域が減ってこもってしまうのを相殺する為にメッキ加工してるっていうのもある。


楽器屋のアダプターとか、大体銀色だよね?家で使えなかったら、まぁ売れないしね。


しかし、ノイズを削減したら、この高域を強調する特徴がひどく邪魔な訳で。


そのために、電流をフラットに流す為に使われるのが、ホスピタルグレードと呼ばれる、非メッキのプラグなんだよね。

IMG_0354.jpg



で、家の機器をできるだけ非メッキにする為に、プラグを買ってきました。ブラックマンバとか、ケーブル付きですごくいいの売ってるけど、やっぱり高いんだよね。長さも折り合いがつかないし。


これで聞いたら、いいか悪いかは別として、とにかく別物!


最初は信用してなかったけどねぇwww


で、まぁ聞いた感じそれでも、高域が強い印象だったから、メッキだと多分聞いていられなかったかもしれない。やっといてよかった。あとは、慣れだと思うから、ちょっとづつやっていって、チューニングするしかないかな。



ちょっと高いイメージあるけど、他のはもっと高いから、これくらいでかなりの効果があると考えると、結構経済的かもしれない。



みんなもやってみてね☆(ちなみに電材は全部、秋葉原で調達。通販でも売ってるので地方の方はそれらを利用するのもいいかも。テスターなんかもかっとくと、作業しやすいと思う。てか、いる、絶対に!)



意外と感動するんだよwwwこの感動を共有する為にも、どんどんミックスしてあげたいね。自分もいいなと思えて、相手にも喜んでもらえれば、ほんといいなぁと思う。


いつもミックス依頼される方、ご愛好頂き本当にありがとうございます <(_ _)>これからはもっといいものをお届け出来るように、頑張ります。



ではでは☆end
posted by やま△(やまさんかっけー) at 22:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

『近況』

暖かくなってきました。しかし、どうにもこうにも最近怠け気味なやま△ですが、皆様はいかがお過ごしですか?


ゲームの方のマスターも終わり、コンピなどの案件も消化したので、お知らせです☆


ひとしずく×やま△-1

【4月4日発売】EXIT TUNES PRESENTS Vocalogemini feat.鏡音リン、鏡音レン

ひとしずく×やま△で『イカサマ⇔カジノ』という曲で参加しています。かなり熱いロックなテイストに仕上がってますので、よろしければ是非!!




ひとしずく×やま△-2

3/28に発売される「小室哲哉 meets VOCALOID」において、ひとしずく×やま△で参加させて頂いてます。曲はみなさんもご存知のあの名曲!是非チェックしてみて下さい☆


【鏡音リン・レン】DEPARTURES【小室哲哉meetsVOCALOID】




歌ってみたMIx

坂田れいちゃるさんが歌う、kemuさんの『六兆年と一夜物語』をミックスさせて頂きました。かなり綺麗目で原曲に忠実な感じを目指しましたね。歌ってみた関連はちょくちょくお手伝いするくらいなんですが、一から全部、突っ込んでの作業は本当に久しぶりでした。至らぬ点も多いかと思いますが、よければ聴いてやって下さい☆




雑誌

FOOL'S MATE出版の『2.5SONG MATE-Vol.3』 において、ひとしずく×やま△でインタビューを受けさせて頂きました☆誠に恐縮です <(_ _)>よろしければ、片手間になにかのついでにでも、見てやって下さい☆

HP:http://www.fools-mate.co.jp/pc/index.html


ゲーム関連

PSP 用女性向け恋愛アドベンチャーゲーム「STORM LOVER 快!!」の情報が解禁されてきたので、ご報告致します <(_ _)>初代のリメイクらしいのですが、新たな要素に、新曲のOPEDとなっており、その曲を私が担当させて頂いてます☆2012年6月7日発売予定ですので、またその際にご報告致します☆

HP:http://www.d3p.co.jp/stormlover_kai/

現在はまた新たに始動しているものや、前回からの延長など、また忙しくなりそうですが、まぁ頑張って行きましょう!


ではではend



P.S
ブログの仕様が変わって使いにくいのなんのって…最近こういうの多いよね。いやんなるたらーっ(汗)







posted by やま△(やまさんかっけー) at 17:29| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

『Mix・Mastering依頼(やま△担当)2012.9.13更新』


IMG_0244.jpg




ここでは、随時Mix・Masteringの依頼を募集しています。(但し、業務内容や引受の多寡、他のプロジェクトの都合により、一時的にお引き受けできない場合がございますので、受付状況をご確認の上、あらかじめご了承下さい)




現在お引き受け可能な状態でございます☆





概要
●基本は一つの楽曲のバラ素材を最終的な音圧を上げた状態までの流れを請け負います。(もちろん、音圧を上げずに2ミックスファイルのままの納品も可能です)
●プレスする直前までのマスターCD作成もお引き受け致します。(マスタリング代やCD−R代等、別途料金がかかります)
●ゲームのBGMやインスト等、柔軟に対応致します。
●アフレコのノイズ除去や、ボーカルのピッチ修正のみもお引き受け可能です。
●その他、企画やご要望がございましたらお気軽にご相談下さい。



お願い

〜〆切にはある程度余裕をもっていただけると助かります〜

(早急な場合はご相談ください)



●引受時には、トラック数やジャンル、納品希望日や要望など、こちらからいくつか質問させて頂く場合がございます。
●録音環境(ご使用のマイクやインターフェース等)やファイルサイズ(ビットレートやサンプルレート)はできるだけ詳しくお知らせ下さい。(16Bit/44.1kHz〜24bit/96kHzまで)
●リファレンスCD等、音のイメージがございましたら、そちらも提示して頂けるとできるだけ対応させて頂きます。
●あまりにも傷んだファイル(ノイズや騒音、ピッチなど)で修復不可だと、お引き受けできない場合がございますので、極力素材のクオリティーは確保して下さい。
●その他ご不明な点がございましたらお気軽にご相談下さい。



連絡先
●E-mail:fackingbee1983@yahoo.co.jp
●Skype :まずはメールでご連絡頂き、ご希望であればミックス専用アカウントで、リアルタイムでの要望やご相談にも対応致します。



料金
「パラミックスの場合」
(20トラックまで)
1track=1000円


(20トラックを超える場合)
追加track数×600円

(ボーカルピッチ&リズム修正)
1track=2000円


●18トラックの場合:1000円×18トラック=18.000円
●36トラックの場合:(1000円×20トラック)+(600円×追加16トラック)=29.600円
●32トラック(内、ボーカル修正1トラック)の場合:(1000円×20トラック)+(600円×追加12トラック)+(修正2000円×1トラック)=29.200円


「歌ってみたの場合」
1曲=5000円(修正含む)


「マスタリングの場合」
●1曲=2000円


「ボーカル修正のみの場合」
1track=3000円

●お見積もりや予算などがございましたら、お気軽にご相談下さい。
●お支払いは銀行振込になります。



主な作業環境

【ハード類】
メインPC:Mac OS Xー2×2.66 GHz Quad-Core Intel Xeon
インターフェース:DigiRack003, MBox2
コンプレッサー:SSL MYNX-XR418
ミキサー:MACKIE 1202-VLZ3
ケーブル:BELDEN 8412 88760/Mogami2549 etc...
モニタースピーカー:ADAM A-7
ヘッドフォン:SONY MDR-CD-900ST, ULTRASONE PRO550
マイク:BRAUNER Phanthera, RODE NT-1


【マスタリングツール】
t.c.electronic:Finalizer 96K


【DAW】
ProTools


【プラグイン】
●WAVES|Platinum, JJP Analog Legends,Kramer_ttt_bundle
●Avid|JoeMeek Bundle, Bomb Factory Classic Compressors Bundle, BF76, Smack!, moogerfooger Bundle, TL-Space, Eleven, Music Production Toolkit, etc...
●Slate Digital|VCC, FG-X
●Vienna Ensamble Pro5
●McDSP|Classic Pack
●Massey|Tape-Head, CT4
●PSP|Vintage Warmer2
●Overloud|BREVERB/TH2
●Softube|Acoustic Feedback
●iZotope|RX
●Antares|Auto-Tune
●Celemony|MELODYNE Pulg-in
●RNDigital|InspectorXL
●CD Wrighting|Bias Peak
●Audiofile:SampleManager
●etc...




楽曲依頼について
ひとしずく×やま△で楽曲制作の依頼も同時に募集しています。くわしくは合同HPまでよろしくお願い致します。
http://yamashizuku.web.fc2.com/index.html





posted by やま△(やまさんかっけー) at 17:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ミックス・マスタリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。