2012年09月26日

『ノイズ』

音楽においてノイズは常に悪ではなく、時には必要なものであると常々思っている。





しかし、ミックスしたり作曲したりしているときは特に音圧を上げていないので気にならなく気持ちいいと思っていても、いざマスターになると他曲と比べて『なんかノイズ多くね?』って思うことがある。






自宅レベルなので多少は仕方ないので、本記事はスタジオ勤務の完全プロの方はご遠慮願いたいm(__)m






まぁ実際そんなに大音量でヘッドフォンで聞くことなんてないからさほど気にならないんだけど、気にしだしたら最後、なにが一番の原因かはっきりさせたくなるのが悲しい性…






改めて検証するまでもなく、やはりアナログアウトから外部インサートに通してる分ノイズは増える。しかしなぜかそんなに嫌ではない(プラグインでは再現できないアナログならではだからだろうか?)。ただしFinalizerのノイズは若干気になる。なぜならコンプの部分をオン/オフするだけで変わるから、この部分が原因な気がする。しかし、そこ使わないと、意味無いでしょうよw







では内部プラグインではどうか?







最近お気に入りのKramer TTTシリーズ。こいつはかなりノイズが多い。PIEなんかはアナログスイッチをオフにしないと気になってしょうがない。ヘリオスはあんまり使わないけど、いざ使うとなると、やっぱりアナログスイッチはオフにしておきたい。テープは本当によく使う。かなり良い感じでノイズの量も調整できるのでいいが、やっぱりサブミックス全部に挿すと気になりだしてくる。







この手のシリーズはそういったノイズもシミュレートしてるので、仕方ないのかもしれない。昔はこんな環境だったんだなぁってしみじみ思う。






気に入らなければつかなわなければよし、と言いたいところだが、代用がないので、使うしかない。某W◯◯◯Sさんのニヤニヤ顔が目に浮かび、なんか腹立ってくる。







次にJJP Collection。FairchildとPultecを内包するバンドルシリーズであるが、これは50/60hzのハムノイズをシミュレート。たくさん使わないとと気にならないし、そのノイズは実機でも普通に乗るので本物らしいといえば本物らしい。実際ジャックジョセフプイグ氏所有の実機を再現してるわけでだがそこまで再現しようとする昨今のプラグイン業界はすごいと思う。






これもやっぱり使うといいんだよね。特にPultecはかなり使う。気になりだしたらもうハムはオフするしかないわけだけど出来ればそのまま使いたい。






こういったアナログタイプのプラグインはリアルであるがために多用するとノイズも増える。そこにサチュレーション系のものを使うわけだから、完全にクリーンとはならない。まぁしようとも思ってないけども。やっぱり多少はあった方が温かみがあって気持ちいいからね。







またまた最近お気に入りのVCC。これもそこそこノイズを発生する。当たり前か。だってコンソールのシミュレートだもの。サミング処理して、かなりリアルな卓なんだもの。当たり前だよね。あはは。







こいつは設定でヒスノイズオートミュート機能がついてるので、それでそこそこ軽減できるから、まぁいいでしょう。






しかし、気になるのはBombfactoryのLA-2Aである。ぽちぽちと非アクティブにしていく過程で気づいたんだけど…



こいつ、なぜかかなりノイズが多い。なぜだ?



マスタリングで2ミックスにかけると結構熱い感じになるが、リミッターでデフォルメされると余計気になる。単体で各トラックに指す文には問題ないけど、数が増えるとやっぱり気になりだす…



気に入ってるから絶対毎回何かしらに使うんだけど…




結論言えることは…




リアルでいいプラグイン(自分好み)を多用するとそれなりにノイズは増える!ってことですね。






外部は電源やケーブルなんかで対処できるけど、プラグインはどうしようもないしね。





そういう意味ではお気に入りの絶大な効力を誇るものも、ここぞという時に使う!




みたいな発想になって、今後の仕様方法や種類も変わってくるかもね。





いや、やっぱり便利だし好きだから使っちゃうかなwww




orz…end











posted by やま△(やまさんかっけー) at 01:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/294212979
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。