2012年09月24日

『一生懸命やること』

またまたどうでもいい話が続きます。





某定食屋さんでね、目玉焼き定食的なものを頼んだんだけどね、普段デフォルトでは半熟のはずなのに、かちかちのパサパサなんが出てきたんだわ。まぁ人間ミスもあるから、今日はしゃーないなぁついてないなぁくらいに思ってたんだけども、そこの店員、きた時帰るとき、いらっしゃいませ、ありがとうございました、もいわなくて、さすがにちょっとどうかなと思った。






なんていうか、客は俺ひとりだし、早朝だし、まだ準備もちゃんとできてなかったんだと思う。表情もうわめんどくさーみたいな感じでね。時間帯の人によってかなり温度差があるんだけども。






まぁバイトだし、そんなところに労力を使いたくない気持ちはわかる。






でも普段きちんとできない人が、いざ重要な場面でちゃんとできるでしょうか?






別に常に全力疾走しろとは思わないけど、決めるところは決める、なんでも一生懸命やるってのは大事だとおもうんだよね。





そういうの、見てる人は見てるからね。





不器用でもいいから、愛想よく最大限の気を使う…失敗することもあると思うんだけど、一生懸命やってる人には、周りもサポートしてくれると思うんだよね。





逆に、上の立場に立つ人。





すぐに人を『使える』『使えない』で判断するのはどうかなって思う。





言葉は悪いけど、使えない人を使えるようにすることが出来る人が、本当に能力がある人だと思う。





好かれる人、嫌われる人、どんな差があるかまちまちだけど、どんな時も人ともにあるんだから、最大限に気を使い、周りをよく見て、一生懸命やる…





もちろんすぐには無理かもしれない。





気持ちがそうあろうとすること、これが大事なんじゃないでしょうか?





【今日のご様子】
さすがにきつくなってきた…とか、いってられないでしょうよ。今日も顔を青く白くしながらわっちゃわっちゃやってます。end
posted by やま△(やまさんかっけー) at 06:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。